専門学校トップ > 声優学科 > 卒業生メッセージ > 中務 貴幸

Message

有限会社B-Box所属 中務貴幸さん

声優も俳優も「演じる」部分は一緒。どう表現していくかを磨いた分だけ力になっていきます。

劇場版NARUTO -ナルト- ブラッドプリズン

劇場版NARUTO -ナルト- ブラッドプリズン
©岸本斉史 スコット/集英社・テレビ東京・ぴえろ
©劇場版NARUTO製作委員会 2011

「劇団SHOW&GO FESTIVAL第16回公演 『クラッチ・シューター』

「劇団SHOW&GO FESTIVAL
第16回公演 『クラッチ・シューター』

東京ビジュアルアーツに入学して驚いたのは、1年時の殺陣や日舞の授業です。最初は戸惑いましたけれど、声の演技に繋がる授業だなと思いました。たとえば、殺陣の動きに合わせてどんな声が出るか、日舞のゆっくりとした動きは体のどこを使っているかなど、声優であり、俳優としての表現力も養える基礎をしっかり身につけられました。 プロの現場に立って、先輩方の声にテレビで聴いていた以上の演技力を感じました。収録中は体を動かすとノイズが入るのでほぼ動かないんですけれど、躍動感あふれる声なんですよね。初めて台本を見て、役名の下に自分の名前を見つけた時は最高でした。ただ、完成した作品を観ると達成感よりも反省が先に立ちます。いつかは、映画館で公開されるような大作映画の吹き替えに呼んでもらえるような声優。それが僕の理想なんです。

ページTOPへ戻る